【ポイント20倍】Guy Laroche(ギラロッシュ) 腕時計 G3005-01:インテリアの壱番館 - bbe31

2019-08-12

【ポイント20倍】Guy Laroche(ギラロッシュ) 腕時計 G3005-01

  • GuyLaroche(ギラロッシュ)腕時計G3005-01
  • GuyLaroche(ギラロッシュ)腕時計G3005-01
  • GuyLaroche(ギラロッシュ)腕時計G3005-01


■サイズ・色違い・関連商品

■Guy Laroche(ギラロッシュ) 腕時計 G3005-01[当ページ]
■Guy Laroche(ギラロッシュ) 腕時計 G3005-02


■商品内容

Guy Larocheは現在コレクションやオートクチュールのみならず、香水や時計、バッグ、財布、傘などのアクセサリーの人気も非常に高い、世界中で愛されているブランドです。


■商品スペック

●ベルト・・・レザー
●ケース・・・ステンレススチール
●裏ブタ・・・ステンレススチール
●ガラス・・・ミネラルクリスタル(サファイアコーティング)
ケースサイズ ケース厚み ベルト幅 重さ
約 (縦) 4.4× (横)4.4 cm(リュウズ除く) 約 1.2 cm 約2.15cm 約 80 g
最小約15cm 最大約20cm
●クォーツ
●パーツ・・・スイス
●組立・・・中国
●月差 ± 20 秒
●保証書 ・・・ 有 (期間 2 年)
●取説・・・ 有
●その他 ・・・ ケース
5気圧防水



■送料・配送についての注意事項

●本商品の出荷目安は【2 - 6営業日 ※土日・祝除く】となります。

●お取り寄せ商品のため、稀にご注文入れ違い等により欠品・遅延となる場合がございます。

●本商品は同梱区分【TS687】です。同梱区分が【TS687】と記載されていない他商品と同時に購入された場合、梱包や配送が分かれます。

●沖縄、離島および一部地域への配送時に追加送料がかかる場合がございます。

価格
46,286円
(税込/送料別) 送料 990円
ポイント20倍
9240ポイント
ポイントアップ期間:
2017/08/31 23:59 まで
※上記ポイント倍率には、スーパーポイントアッププログラム分は含まれておりません。
3〜6営業日(土日祝除く)以内に出荷予定
販売開始・終了前に通知を受け取る
販売期間:
2017/07/14 02:00 2017/07/31 23:59

EXHIBITION


「イリュージョン 名画の旅」
"ILLUSION - A Journey to Masterpieces"

2017年2月18日(土)〜3月4日(土)
February 18 - March 4, 2017

様々な技法で独自の世界を表現する綿引明浩。ミューズでは約4年ぶりとなる作品展です。沢山のユーモラスなキャストたちが登場、古今東西の名画の中で不思議な舞台を演じます。*案内状より

ミューズ
Art Gallery Muse
〒379-2154 群馬県前橋市天川大島町3-7-9
3-7-9 Ohshima-machi, Maebashi-city, Gunma, 379-2154
TEL 027-243-3888

EXHIBITION

「私の中の意中の画家 Ⅱ」
"The painter in my thoughts Ⅱ"

2017年3月20日(月)〜27日(日)
March 20 - 27, 2017

枝香庵
Gallery Echo-Ann
〒104-0061 東京都中央区銀座3-3-12 銀座ビルディング8F
Ginza Bldg.8F, 3-3-12 Ginza, Cyuoh-ku, Tokyo, 104-0061
TEL 03-3567-8110

NOTICE


インスタグラム開始
Just started Instagram!

最新作から旧作まで、これまで制作した作品の数々をセレクトして紹介します。ぜひご覧下さい。

I show the various works including the latest on Instagram. I hope you will enjoy it.

COMMENTS ON MY ART.

  • これまで「劇場」「理想郷」「ファンタジー」「美術館 」など、様々なテーマで作ってきましたが、いずれも独創性に富み、誰もが一度見たら忘れられない画風を私達に印象づけます。キャストたちが作り上げる世界は、東洋でも西洋でもなく、男でも女でもなく、今でも昔でもない、あらゆる範疇を超えたファンタジックな境地です。

    金澤 毅・原美術館副館長
  • The figures in his works are anthropomorphiyed versions in our everyday and refers to them as his cast, and arranges them in different ways according to his theme. Like actors in theater, talking their turn on the same stage as the scene changes. The world created by the cast is a fantastic place,transcending the boundries of East and West, male and female, and present.

    TAKESHI KANAZAWA ・art critic
  • キャストワークというシステムそのものは秀逸ではあるが、ひとつのアイデアであり発明でしかない。だから多分、他人が模倣することも不可能ではない。しかし、綿引のそれが説得力を持ち可能性を備えているのは、そこに登場するキャストたちが、作者の「イメージの化身たち」としての存在感を強くもっているからであるのだろう。

    寺門 寿明・水戸市立博物館館長
  • The method of his making works, called "Cast Work" is good, but it is just an idea and invention. So it will be possible to imitate by someone. However Watabiki's one has special persuasiveness and potential. Because his original charatcers-casts have the presence strongly as the incarnations of images on his works.

    TOSHIAKI TERAKADO ・art critic