エアロブレード5 ヴィジョン フルフェイスヘルメット ホワイトブルーレッド Lサイズ OGK:バイク メンテ館 - c9627

2019-05-08
カテゴリトップ > 用品 > ヘルメット > フルフェイス > OGK
エアロブレード5 ヴィジョン フルフェイスヘルメット ホワイトブルーレッド Lサイズ OGK【サイズ】
L

ホワイトブルーレッド

ホワイトブルーレッド

レッドラインとサイドスターのレイヤードによる鮮烈デザイン。
【AEROBLADE-5の特徴】
・優れた耐貫通性と衝撃吸収性を兼ね備えた高強度複合素材帽体(A.C.T.-EVO)を採用。
・新設計2軸構成DAFラチェットと3D形状 DAF-1シールド採用のシールドシステムで高い密閉性と静粛性を実現。
・シールドロック機能は大型レバーを備えたセンター式で、グローブのままでも確実な開閉が可能。
・4種類の専用設計帽体を採用し、細やかなフィッティングと軽量・コンパクト化を実現。
・広がりやすいアンダートリム形状で、高いフィット感とストレスフリーの脱着が可能。
・冬期や雨天時にシールドの曇りを抑える専用ワイドタイプ「100% MAX VISION DAF Pinlock Original Insert Lens」が装着可能(別売)。
・内装に肌触りの良いCOOLMAX 生地を採用。インナー、チーク、あごひもカバーのフル脱着が可能。
・確実な作動と、複数の噛み合い爪で微調整を可能にしたKabuto独自のダブルアクションタイプ・マイクロラチェットバックル。
・眼鏡やサングラスをスムーズにかけられるチークパッド形状を採用。
・負圧を利用してチークパッド内部の熱気を放出するKabuto独自のサイドアウトレットトリム(PAT.No.5848774)を採用。
・同梱品:ウインドシャッターNo.3
・規格:JIS
・標準シールド(カラー):DAF-1シールド(クリア)

【商品名】
エアロブレード5 ヴィジョン フルフェイスヘルメット ホワイトブルーレッド Lサイズ
【商品番号】
O2-4966094570347
【メーカー】
OGK
【サイズ】
L
【送料無料】
価格
32,130円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
メーカー取寄せ 通常4〜5営業日で発送
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

EXHIBITION


「イリュージョン 名画の旅」
"ILLUSION - A Journey to Masterpieces"

2017年2月18日(土)〜3月4日(土)
February 18 - March 4, 2017

様々な技法で独自の世界を表現する綿引明浩。ミューズでは約4年ぶりとなる作品展です。沢山のユーモラスなキャストたちが登場、古今東西の名画の中で不思議な舞台を演じます。*案内状より

ミューズ
Art Gallery Muse
〒379-2154 群馬県前橋市天川大島町3-7-9
3-7-9 Ohshima-machi, Maebashi-city, Gunma, 379-2154
TEL 027-243-3888

EXHIBITION

「私の中の意中の画家 Ⅱ」
"The painter in my thoughts Ⅱ"

2017年3月20日(月)〜27日(日)
March 20 - 27, 2017

枝香庵
Gallery Echo-Ann
〒104-0061 東京都中央区銀座3-3-12 銀座ビルディング8F
Ginza Bldg.8F, 3-3-12 Ginza, Cyuoh-ku, Tokyo, 104-0061
TEL 03-3567-8110

NOTICE


インスタグラム開始
Just started Instagram!

最新作から旧作まで、これまで制作した作品の数々をセレクトして紹介します。ぜひご覧下さい。

I show the various works including the latest on Instagram. I hope you will enjoy it.

COMMENTS ON MY ART.

  • これまで「劇場」「理想郷」「ファンタジー」「美術館 」など、様々なテーマで作ってきましたが、いずれも独創性に富み、誰もが一度見たら忘れられない画風を私達に印象づけます。キャストたちが作り上げる世界は、東洋でも西洋でもなく、男でも女でもなく、今でも昔でもない、あらゆる範疇を超えたファンタジックな境地です。

    金澤 毅・原美術館副館長
  • The figures in his works are anthropomorphiyed versions in our everyday and refers to them as his cast, and arranges them in different ways according to his theme. Like actors in theater, talking their turn on the same stage as the scene changes. The world created by the cast is a fantastic place,transcending the boundries of East and West, male and female, and present.

    TAKESHI KANAZAWA ・art critic
  • キャストワークというシステムそのものは秀逸ではあるが、ひとつのアイデアであり発明でしかない。だから多分、他人が模倣することも不可能ではない。しかし、綿引のそれが説得力を持ち可能性を備えているのは、そこに登場するキャストたちが、作者の「イメージの化身たち」としての存在感を強くもっているからであるのだろう。

    寺門 寿明・水戸市立博物館館長
  • The method of his making works, called "Cast Work" is good, but it is just an idea and invention. So it will be possible to imitate by someone. However Watabiki's one has special persuasiveness and potential. Because his original charatcers-casts have the presence strongly as the incarnations of images on his works.

    TOSHIAKI TERAKADO ・art critic